スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カロヤカ日記7■エルグ長一家の物語

2010.12.21 04:18|  初代カロヤカ・ナソラ
ナルル王国、カロヤカ日記7。

ナルル王国は初期国がランダム?と言われるほど沢山あるけど
ごくたまに同じ王国の人がいるみたい。

カロヤカの王国は、ポニーテールの「オットー王」のおさめる国。
000オットー王
念のため、同じ国の人にはネタバレになりますので
ご注意くださいね。
前の日記でも書いた通り、うちのロークエルグ長、ピエルパオロは
カロヤカの良き友人であり、尊敬する仕事仲間です。

エルグ長って儀式の踊りとか祝詞のような事もやるんだねえ。かっこいい。
022ピエルパオロ
移住2年目、はじめて夏至の祈りの儀式がある事を知りました。

そして夜、バフカの召還を見学しました。
偉い人ってこんな事もしてたのか。
022聖獣召還の議
(バフカをまだ見た事がないナルル国民は12日夜にテト海岸へGOです)

そして翌日、ピエルパオロ危篤の知らせが入りました。

昨日の儀式、ピエルパオロの最期の仕事だったんだ。
カロヤカ、花を持ってお見舞いへ。
022ピエルパオロ危篤
101221ピエルパオロの最期
大丈夫エルグ長、昨晩はバフカ儀式見学だったから
のんでないから!

023ロークエルグ体験
引率してみた。
023ロークでおしごと
働いてる子供達、かわいいな。
悲しいけど、ずっと枕元にいるよりも、こうして働いてたほうが
ピエルパオロは安心するんじゃないかなと思ったよ。


そしてその夜、彼は静かに旅立って行きました。
023ピエル旅立ち
はじめての友人の死。 悲しいな・・・・。
ピエルパオロ、安らかに。

悲しみにつつまれたハーシェル家でしたが、
悲しい事ばかりではなく、すぐ次の休日祝い事がありました。

結婚式です。
新郎は
ピエルパオロの息子、ガルデル!
023ガルデル結婚
ピエルパオロの奥さん、エウラリアさんがスピーチをしています。
息子の門出、見たかったろうなぁ。
でも、家族そろってピエルパオロを送り出せた事は幸せだったのかもしれない。

ガルデル、よくみるとピエルパオロそっくりなんだなあ。
023ガルデル新婚
ガルデルはハーシェル家を出て、ブラック家へ婿入りしたようです。
おめでとうおめでとう!


しかしその翌日…

023翌日、母危篤
昨日スピーチしていた母、エウラリアさんが危篤に……。


000ピエルパオロ父:ピエルパオロ(故)
000エウラリア母:エウラリア(危篤)
000ガルデル兄:ガルデル(婿入りで家を出た)

そして、残されたのは
000パーシス3歳妹:パーシス(3歳)


ナルル王国に養子縁組はありません。
ハーシェル家でたった一人になってしまった、パーシス。

母エウラリアさんの葬儀。
023パーシス母葬儀
3歳ながら、パーシスは
ハーシェル家代表として立派に喪主をつとめました。

細やかな台詞に涙目になったよ。
023よぶー

そして広いロークエルグ邸にたった一人で眠るパーシス。
022たった一人のパーシス

エルグ長が亡くなったので、来年にはパーシス一人で引っ越しになるでしょう。
ピエルパオロは長の任期が長かったみたいだから
パーシスはこの家で生まれたのかもしれない。
そんな場所を一人で出て行く事になるのか………

023あたし強いよ

パーシスはこう言ってるけど、
次のエルグ長がパーシスを養女にしてくれればいいのになぁ。

ナルルの6日間の間に起きた、嵐のようなハーシェル一家の物語。

単なるプログラムの連続のはずのワーネバが、
こうやって物語を織りなしてくる。
そこに血と肉と魂が生まれて行くようなこの錯覚。たまんないです。

Comment

うわー(TT)

孤児になった子を見ると泣けますよね…。
うちでも結構何度もあったんです。
2歳位から1人暮らしをしてる子もいましたし。
養子縁組はナルルにもあってほしかったですね。
お友達の死も泣けますよね。
お2人のすごくいい感じのイラストを見ていただけに、私までホロリと来ちゃいました。

No title

(>_<。)子供がひとり残されるって悲しいですよね…
パーシスちゃんにはたくましく育ってほしいです。

No title

おおう、酔っぱらったカロヤカさんに絡まれてもにこやかだった、あのエルグ長が。

しかも、数日で独りぼっちとは・・・負けるな、ちびっこー。

No title

うちの国と、名前の系統が全然違うことにびっくりです。
私も最初の友人はオルグ長だったので、危篤のときは付き添ってました。
危篤のときって、病気に効くアイテム渡せるんですよー。効かないですけど・・・(泣)
そのオルグ長のところも、父死亡、母死亡、姉嫁入り、で子供の長男が一人で喪主してました。不憫だったので、毎日ご飯を運んでました・・・。
ナルルはそういうところが今までより物語性強いですよね。

コメントありがとうございます!

>さすらんさん
2歳から一人暮らしですか!?
うえええん…
1歳からもありえそうですね。
システム的には表現されていないけど、きっと周りのみんなが助けてくれてると思います。
ひとりきりのベッドとか悲しすぎますよね。

ようやく名前を覚えて仲良くなった友人と友人家族だったので
しんみりしちゃいました。

>アオカさん
はじめまして~。コメントありがとうございます!
小さな子供がひとりぼっちなんて、悲しいですよね。
何してるの?とパーシスに訪ねると「ナイショ…」と笑うので
よけいに気になります(笑)
どう育って行くのか、気になる娘さんになりました。

>Lenさん
ひと記事前はエラーに関してありがとうございました☆
あちらでもコメントしましたが、教えていただいた部分直してみました。

ロークエルグに入って行くバフカを世があけるまで眺めていたら
とつぜんロークエルグ長危篤のお知らせでビックリして
ロークエルグ邸にかけこんでしまいました。
気さくで働きものだったエルグ長が・・・・王様のほうが先だろうなと思っていたので
まさか逝ってしまうとは・・・

>相原やよいさん
名前、他の国だと知らない名前ばっかりでビックリしますよねー。
オルルドのように知ってる名前だけど全然違う人、ってのもあるみたいですね。

危篤の時「イライラ」してるのが不憫で
卵酒を渡しに行きます。"病気"じゃない人もいるみたいです。
せめてイライラなしで逝って欲しい~ > <

ドラマチックエルグ長の物語は初期国ではよくあるのでしょうかね・・
それとも、ある程度結婚式などのイベントのお陰で寿命がのびてたりするのかな
(オルルドの親衛隊員が試合後に死んでしまうことがあるみたいに…)

孤児、うちもご飯運んでました(笑)プレゼントできたらいいのになぁ。
女性は料理プレゼント会話があるらしいですね?
非公開コメント

プロフィール

こずみ はと

Author:こずみ はと
ワーネバ好きをこじらせています。
プレイ日記は妄想いっぱい、なりきり創作寄り。
このブログに書かれているものすべて、はとの思い込みと妄想フィルターを通しています。
ワーネバ公式のものではありません。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

同人誌とゲームとコピーライト



ナルル伝導師認定証
※このブログに掲載している
 "ゲーム画像"は

株式会社アルティが権利を持つ
『ワールド・ネバーランド
 ~ククリア王国物語~』
『ワールド・ネバーランド
 ~ナルル王国物語~』
『ワールド・ネバーランド
 ~オルルド王国物語~』
『ワールド・ネバーランド
 ~プルト共和国物語~』
『ワールド・ネバーランド
 ~ゼーン大陸物語~』
『ワーネバアイランド』

の画像です。
該当画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/





Blog Link

リンク

RSSリンクの表示

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。