スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルル創作■『Marry me.』

2012.01.27 20:15|  漫画・絵・創作
ナルル創作ショートショートです。


ヘクバさんが成人した年のお話。ガルデルさん視点。
ヘクバ6歳、ガルデルさん7歳。




『Marry me.』



「ガルデル、あたしと結婚しない?」


仕事をしていたら突然プロポーズされた。

面食らう。
ポマロ色の眼鏡をかけた女の子が収穫したばかりの泥だらけのロツを抱え
無表情でそう言い放ったのだ。
あたしの代わりにこのロツ納品してくれない?そんなノリで。

「……ええと?」

僕はとりあえず目の前のポマロ株から赤く色づいた物だけを
パチンパチンと収穫し終えると彼女に向き直った。
子供の頃一緒に遊んだりする事はあったけど、……1歳下の子だっけ?
そんな目で見られてたとは知らなかったなあ……。

「君って、僕の事そう思ってたの?
 ん?それとも何、君も僕の噂を聞いて試してみたいクチ?」

僕は成人してから一年目に複数の女の子と次々付き合った。
成人二年目の今も二人と付き合ってるわけだけど、
ガルデルは手が早いから気をつけろ……なんて噂を立てられてからは
僕に何かされたい欲求のある女の子が興味を持って近づいてくる事もある。

「……どういう意味?」

「僕と肉体関係を持ちたいのか、って事」

眼鏡の女の子は表情を変えずに即答する。

「結婚したら肉体関係を持つのは当たり前の事だと思うけど」

あくまで結婚の話がしたいらしい。

「つまり、君は、僕の事が好きだと。」

「べつに……。そうでもない。……消去法で、ガルデル。」

「………。」

そう言われてさあ結婚しようと思う男がいるだろうか。
なんだろうこの思考回路。まったく心は動かないが、興味深い。
あきれ果てつつも僕は聞いてみる事にした。

「消去法?どういうことかな。詳しく聞かせて?」


彼女が言うには、自分は恋愛はする気がないのだという。
だが社会的安定の為に結婚はしたい。
自分の人生のパートナーとして思考の中で独身男性を一人一人あてはめていき、
消去法で最後に残ったのが僕だったそうだ。

「両親もいつまで生きているかわからないし、早めに結婚しておきたいのよね」

……両親がいつまで生きているかわからない、か。
考えもしなかったな。
僕は今はただ毎日とりあえず生きれてればいいやと思っていた。
流されるままになんとなく生きていた。
そうか、ウチだって両親はかなりのいい年齢だ。
小さな妹の成人まで生きられるかどうかわからない。

この時僕は、成人してから初めて未来の事を考えたと思う。

この視点は面白いな。
恋愛はしないけど、パートナーとして結婚、ねえ。

「面白い考えだね。」

「ガルデルなら理解してくれると思って。お互いに好きな事をして暮らせばいいと思う。」

悪くないかもしれないな、と思った。
全く好みじゃないこの子と形だけの家庭を持つのも。
家族を持って自由に生きる。
社会的には認められ、(何も起こる事なく)平凡な人生を終える。

いや……無理だ、この子と子供を作るとか、まったく考えられない。
無表情のこの少女が笑っている所を見た事がない。ずっとこの表情でいられるのはキツイな。
萎える以前の問題。
それに、アルブレヒト君とはいい関係と距離感を保っていたいし。

「君、アルブレヒトと仲いいじゃない。彼はだめなの?」

「・・・・・。」

眼鏡の少女は視線をそらすと苦々しげな表情を浮かべた。

「悪くないかもしれないけど……あいつにこんな話したら
……一生馬鹿にされる。」

想像内のアルブレヒトに何か言われているのか
彼女はみるみる機嫌が悪くなりロツの葉をブチブチとちぎりだした。
まあね、普段君たち軽口しか叩き合ってないもんね。
……ああアルブレヒト、君、相当努力しないとだめだよ。コレ。

「悪いけど……僕は、君、無理だなあ。」

わざと、冷たい言い方を選んで言った。
執着されても困る。

「そう……。わかったわ。」

そして彼女はプロポーズ前と全く同じ無表情で去っていった。
なんかズレてる子だなあ、彼女。


「消去法……。結婚……ねぇ……」

僕はこの一件で僕のその可能性を探ってみる事にしたのだった。


これは、カロヤカ・ナソラ君がナルル王国に移住してくる半年前の話。
彼は、知らない。


end.

Comment

非公開コメント

プロフィール

こずみ はと

Author:こずみ はと
ワーネバ好きをこじらせています。
プレイ日記は妄想いっぱい、なりきり創作寄り。
このブログに書かれているものすべて、はとの思い込みと妄想フィルターを通しています。
ワーネバ公式のものではありません。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

同人誌とゲームとコピーライト



ナルル伝導師認定証
※このブログに掲載している
 "ゲーム画像"は

株式会社アルティが権利を持つ
『ワールド・ネバーランド
 ~ククリア王国物語~』
『ワールド・ネバーランド
 ~ナルル王国物語~』
『ワールド・ネバーランド
 ~オルルド王国物語~』
『ワールド・ネバーランド
 ~プルト共和国物語~』
『ワールド・ネバーランド
 ~ゼーン大陸物語~』
『ワーネバアイランド』

の画像です。
該当画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/





Blog Link

リンク

RSSリンクの表示

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。